滋賀県立膳所高等学校

校長挨拶

卒業生・一般の皆さんへ

滋賀県立膳所高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は、明治31年(1898年)4月、「滋賀県第二尋常中学校」として設立され、本年、創立120周年を迎える歴史と伝統のある学校です。創立当初は、現在の校地よりも北方に、仮校舎でスタートしましたが、明治34年、膳所藩の藩校である遵義堂址に新校舎が建設され、以来、現在の校地で脈々とその歴史を刻んできました。その間、校名は、幾度となく変更されましたが、戦後の学制改革を経て、昭和31年に「滋賀県立膳所高等学校」と改称され、現在に至っています。

本校は、創立以来、文武両道、自主自律の校風を受け継ぎ、創立100周年を機に、校訓を次のように定め、社会の要請にこたえうる資質と行動力を兼ね備えた人材の育成を目指してきました。

『遵(じゅん)義(ぎ)-誠実な心で、真理と正義を追求し、人類の未来に貢献しよう』

『力行(りょっこう)-自主・自律を尊び、心身を鍛え、高い理想に向かおう』

これまでの卒業生は約4万人で、我が国の政治や経済、文化、教育、医療・福祉などあらゆる分野に多くの優れた人材を輩出し、高校時代に培った幅広い教養や専門的な知識・技能を遺憾なく発揮し,国内外の各方面において活躍されています。

本校は、現在、1学年普通科10クラス、理数科1クラスで、1,300名を越える生徒が在籍しています。平成18年に新校舎が完成し、県下に比類ない素晴らしい環境のもとで、生徒たちは意欲的に学習活動に取り組み、活気溢れる学校生活を送っています。平成18年度に文部科学省から指定を受けたスーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業は、平成28年度から第3期に入り、本年度は3年目を迎えました。京都大学や滋賀医科大学との高大連携事業、科学英語講座、探究活動、各種オリンピック・コンテストへの参加、イギリスでの海外研修などにより、より高い能力とグローバルな視野を持つ理数系人材の育成に努めています。特に今年は、新たにSSHの科学技術人材育成重点枠にも指定され、理数系教育の地域の中核拠点校として、県内の連携校6校と新たな取り組みを進めております。

また、班活動(部活動)は、総務部、報道部、体育部、文化部の4部、39班で構成されており、生徒の加入率は95%を超え、多彩で活発な部活動が行われています。湖風祭(学園祭)、海外への修学旅行、合唱コンクールなどの行事も盛んで、学校は活気に満ちています。校訓『遵義・力行』のもと、文武両道をつらぬき3年間の充実した学校生活を過ごした生徒は、心身ともに大きく成長し、進学面においても輝かしい実績を残しています。

このホームページには学習、班活動、学校行事、進路実績等、生徒達の日頃の活動状況や成果が満載されています。このように、本校の教育活動が充実してまいりましたのも、保護者や地域の皆様、また各界でご活躍の同窓生の皆様など多くの方々のご理解、ご支援の賜物と感謝いたしております。今後とも、教職員一同、本校教育に全力で取り組んで参りたいと考えております。本年度も変わらぬご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

滋賀県立膳所高等学校  校長 小島 秀樹