EDUCAITON

進路指導

本校の進路指導について

自分の進路を考えることは、将来の生き方や在り方を考えることです。
本校では、一人ひとりの生徒が自分自身を知り、興味・関心・適性を踏まえ、将来の職業選択までを視野にいれた進路選択ができるように進路学習プログラムを組み、きめ細かく支援します。
生徒が高い志をもって、粘り強く努力を継続し、「入れる大学」ではなく、「入りたい大学」への進学を実現できるように指導を行います。

進路学習プログラム

1年-1学期 新入生オリエンテーション 進路指導の考え方と学習に向かう心構えの伝達
小論文講演会 読書の意義と小論文についての説明
1年-夏休み 学問研究・職業研究 学問や職業についての調べ学習
1年-2学期 文理選択説明会 第2学年からの適切な文理選択の援助
1年-3学期 大学研究 興味、関心、適性に基づいた進路選択と志望大学調査
2年-1学期 「進路のしおり」説明会 大学入試概要の理解
2年-夏休み 学部・学科研究 オープンキャンパスへの参加、インターネットでの学部・学科調べ
2年-2学期 小論文講演会 社会問題に対する意識を高め、読書を促す
2年-3学期 大学入試研究 志望校の入試方法、科目、配点を確認し、志望大学を決定する
3年-1学期 夏期補講説明会 受験に向けての意識付け
「進学のてびき」説明会 入試日程等の確認と受験に向けて大切にすべきことの確認
3年-2学期 進路講演会 最新入試情報の提供と受験に向けての心構え
3年-2学期 大学入学共通テスト説明会 大学入学共通テスト出願指導
3年-3学期 大学入学共通テスト練習会 大学入学共通テスト本番を想定した練習会

上記以外のプログラム

  • 夏休み期間中に、東京大学を中心とした関東の大学見学会を実施しています。
  • 校内での大学別説明会やOB・OGを中心とする社会人による講演会などを実施しています。

校内実力考査

難関大学の入試に対応できる学力を身につけるために実施しています。問題はすべて教員が作問しています。また、校内実力考査の成績は進路選択のための資料として重視しています。

  • 1年生(4月の1回実施)
  • 2年生(6月、11月、2月の3回実施)
  • 3年生(6月、8月、11月の3回実施)

模擬試験

全国規模での学力を測定する目的で実施しています。また、進路選択のための補助的な資料としても活用しています。

  • 1年生(11月、1月の2回実施)
  • 2年生(6月、9月、1月の3回実施)
  • 3年生(6月、10月(2回)、12月の4回実施)

※ 3年生には、希望者対象に夏と秋に模擬試験の受験機会を提供

夏期補講

受験に向けて意識を切り替えさせるために行います。大学入試に対応するための基礎学力育成を目指します。

  • 3年生(前期7日間、後期5日間、70分授業3コマ実施)

小論文指導

小論文指導を通じて、社会を見る目を養うとともに、小論文入試への対応を行います。

1,2年生
  • 長期休暇ごとに小論文課題を出題し、学期始めに行う輪読会で、優秀作品を選定し、年3回小論文優秀作品集を発刊
  • 小論文講演会を年1回実施
3年生(希望者対象)
  • 志望大学・学部別に全教員が個別指導を実施
  • 小論文模試を希望者に1回実施
  • 小論文講演会を1回実施

5年間の進路実績

ページ先頭へ
メニュー

滋賀県立膳所高等学校