滋賀県立膳所高等学校

2014年09月17日

[PTA]芸術鑑賞に参加してきました

芸術鑑賞会が9月4日びわ湖ホールにて行われ、私たち保護者も特別参観してきました。
玉井菜採さんのヴァイオリンリサイタルで、ピアノ伴奏に本校卒業生の船橋美穂さんが出演されました。
玉井さんは、東京芸術大学音楽学部准教授、船橋さんは、石山高校音楽科、同志社女子大学学芸学部音楽学科嘱託講師をしておられます。
小雨降る中、生徒と先生、多くの保護者(約180名)が集まりました。

曲目は

ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第8番 ト長調 作品30―3
バッハ:無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番より シャコンヌ
ヤナーチェク:ヴァイオリンソナタ
バルトーク:ラプソディ第2番
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ

140904_geijyutsu03ヴァイオリンは1717年製造のストラディバリウスで、300年の時代を感じさせる素晴らしい音色と音の深さでした。引き込まれる超絶技巧、ヴァイオリンに寄り添うピアノとの息の合った演奏に感動しました。

アンコール曲は聞き覚えのある曲(タイス:瞑想曲)でゆったりとした気分になりました。

プログラムをよく読むことで、時代背景や作曲者の思いを知ることができ、演奏をより楽しめたと思います。
子どもたちには、授業の一環として素晴らしい演奏を聴くチャンスなので、それをより活かしてほしいと感じました。