滋賀県立膳所高等学校

基本情報

基本情報

所在地

〒520-0815 大津市膳所2丁目11番1号

校 長

川上 昌道

連絡先

TEL 077-523-2304 / 077-523-2305
FAX 077-526-1086
e-mail: zeze-h@pref-shiga.ed.jp

生徒数

普通科

普通科 男子 女子
高校1年 198 204 402 (10クラス)
高校2年 202 201 403 (10クラス)
高校3年 221 175 396 (10クラス)
621 580 1201

理数科

理数科 男子 女子
高校1年 24 16 40 (1クラス)
高校2年 32 9 41 (1クラス)
高校3年 26 13 39 (1クラス)
82 38 120

教職員数

管理職 4 0
教諭 48 21
養護教諭 0 2
臨時講師 5 0
非常勤講師 7 3
実習助手 0 3
司書 0 1
事務職員 2 2
業務員 1 1
67 33

沿革

明治

明治31年4月1日 滋賀県第二尋常中学校を設立する。
明治31年5月13日 開校式挙行。以後、この日を創立記念日とする。
明治32年4月1日 滋賀県第二中学校と改称する。
明治34年6月8日 滋賀県立第二中学校と改称する。
明治35年4月1日 滋賀県立大津高等女学校を設立する。
明治41年4月1日 滋賀県立膳所中学校と改称する。
明治45年4月1日 滋賀県立大津商業学校を設立する。
明治45年4月1日 滋賀県大津市高等女学校を設立する。

昭和

昭和2年
4月1日
滋賀県大津市女子商業学校を設立する。
昭和23年4月1日 上記5中学校を廃止し、滋賀県立膳所高等学校(全日普、通信普)、滋賀県立大津高等学校および滋賀県立志賀高等学校を設立する。
昭和24年4月1日 上記3高等学校を廃止し、滋賀県立大津高等学校(全日普・商・家、定、通)を設立する。
昭和27年4月1日 大津高等学校を廃止し、滋賀県立大津東高等学校(全日普、通信普)および滋賀県立大津西高等学校(全日商・家、定)を設立する。
昭和31年4月1日 滋賀県立大津東高等学校を滋賀県立膳所高等学校と改称する。
昭和35年7月31日 校舎の改築が完成する。
昭和53年11月14日 体育館の改築が完成する。
昭和61年3月28日 校舎1号館の増改築が完成する。

平成

平成元年3月18日 校舎2号館家庭科棟の改築が完成する。
平成7年3月31日 通信制課程を廃止する。
平成9年4月1日 理数科を開設する。
平成10年1月16日 校訓を制定する。
平成10年11月7日 創立百周年記念式典を挙行する。
平成11年8月18日 第2グラウンドが完成する。
平成11年11月11日 トレーニングハウスが完成する。
平成12年3月28日 第2グラウンドの管理棟が完成する。
平成18年3月31日 新校舎、武道場、プール、セミナーハウス「遵桜館」が完成する。
平成18年4月3日 文部科学省よりスーパー・サイエンス・ハイスクールの指定を受ける。
平成19年3月27日 体育館の改築が完了する。
平成19年10月15日 第1グラウンドが完成する。
平成19年10月20日 新校舎・グラウンド竣工式を挙行する。
平成20年11月8日 創立110周年記念式典を挙行する。

校歌

作詞・作曲 : 校歌作成委員会(昭和28年制定)

1
滉瀁の湖 日に映えて
霊峰青し 比良比叡
遥けく高き 白雲に
聳えて立てる 学び舎は
われらが永久の 故郷ぞ

2
遵義の桜 咲く庭に
いざや鍛えむ わが力
石鹿城址 松籟の
響かふ窓に 書よみて
ともに啓かむ わが智徳

3
良友ここに 盟ひては
久遠の理想 失はじ
星霜三たび 刻苦して
不壊の操の いや固く
古人の功業 継ぎゆかむ

校訓

遵義

誠実な心で
真理と正義を追求し
人類の未来に貢献しよう

力行

自主自立を尊び
心身を鍛え
高い理想に向かおう

遵義・力行