滋賀県立膳所高等学校

膳所高校図書館のあゆみ

明治42年(1909)    図書館棟完成(教員専用)
昭和6年(1929) 生徒貸出用「文庫」創設(館内閲覧のみ)
昭和23年(1948) 新制高校発足
生徒への貸出し開始
昭和24年(1949) 県下初の開架式閲覧室を設置
図書委員会設立
昭和25年(1950) 県下初の図書館専任事務員を配置
図書館の常時開館が可能に(入館者一日平均767人)
昭和27年(1952) 滋賀県立大津東高等学校となる
県教育委員会主催の高校図書館コンクールで最優秀校に選ばれる
昭和31年(1956) 滋賀県立膳所高等学校と校名改称
昭和35年(1960) 新校舎完成
新図書館4階に移転(書庫も整備される)?
昭和38年(1963) 県内学校図書館コンクールで再び最優秀校に選ばれる
昭和60年(1985) 雨漏りのため、床上浸水約2cm
昭和63年(1988) 創立90周年記念として「和漢籍蔵書目録」完成
平成5年(1993) 「石鹿文庫(卒業生の著作寄贈本)」創設
平成9年(1997) 在学中に1,200冊以上を読破した図書委員が卒業
平成10年(1998) コンピュータ導入
平成15年(2003) 新図書管理ソフト導入
在学中に1,300冊以上読破した図書委員が卒業
平成17年(2005) 新校舎移転準備のため閉館(冬休み~3月末)
平成18年(2006) 新校舎移転 新図書館オープン
インターネット始動 ホームページリニューアル