滋賀県立膳所高等学校

膳所PTA規約

滋賀県立膳所高等学校父母教師の会規約

第1章 総則
第1条 (名称)

この会は、滋賀県立膳所高等学校父母教師の会(略称膳所高PTA)と言い、その事務局を膳所高等学校(以下本校という)に置く。

第2条 (目的)

この会は、生徒の家庭と学校との連絡を密にし、本校の運営を助け教育に関する環境の改善に努め、生徒と会員の品位ならびに家庭生活の向上を図り、以て教育の効果を増進することを目的とする。

第3条 (事業)

この会は、前条の目的を達成するために下記の事業を行う。
1 教育施設の改善に関する事項
2 生徒の特性、学力ならびに体位の向上に関する事項
3 教育の研究調査の援助に関する事項
4 会員相互の親睦ならびに教養に関する事項
5 その他必要事項

第4条 (組織の構成員)

この会は下記のいずれかに該当する者で構成する。
1 生徒の保護者
2 本校に勤務する教職員
3 特に本校教育に関心を持ち会長の承認を得た者

第2章 組織
第5条 (役員及び会計監査)

1 この会に下記の役員を置く。

1) 会長 1名
2) 副会長 2名
3) 幹事 若干名
4) 書記 1名
5) 会計 2名
6) 庶務 若干名
7) 学年役員 各学年原則22名

2 この会に会計監査を置く。

1)会計監査 2名

第6条 (役員及び会計監査の任務)

1 この会の役員の任務は下記の通りとする。

1) 会長はこの会を代表し、校長と連絡協議して会務を総理する。
2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代行する。
3) 幹事は各役員と連携してこの会の事業活動を推進する。
4) 書記は保護者主体の会の議事録を作成、管理する。
5) 会計はこの会の経理にあたる。
6) 庶務はこの会の関係業務全般を処理、記録し、他に属さない事務を処理する。
7) 学年役員はこの会の運営について協議し、事業に参画する。

2 この会の会計監査の任務は下記の通りとする。

1)会計監査はこの会の経理を監査する。

第7条 (役員及び会計監査の選出方法と任期)

この会の役員及び会計監査の選出方法と任期は下記の通りとする。
1 この会の役員のうち会長、副会長は、選考委員会において推薦し、総会の承認を得る。幹事、書記、会計および庶務は選考委員会において推薦し会長が委嘱する。
これら役員の任期は一カ年とし、保護者により構成する役員については学年役員より選出する。
これらの役員について再任は妨げない。
2 この会の会計監査は選考委員会において推薦し、総会の承認を得る。
任期は一カ年とし、これについて再任は妨げない。
3 この会の役員のうち学年役員は、生徒入学時に選考委員会において推薦し、会長が委嘱する。
任期は入学年の定期総会より卒業年の定期総会までの三カ年とする。

第8条 (定期総会および臨時総会)

総会はこの会の最高議決機関であり、その種類は定期総会および臨時総会とする。
1 定期総会は会計年度終了後二ヶ月以内に開催する。
2 臨時総会は会長が必要と認めた場合または全会員の2分の1以上の要求のあった場合に、会長が召集する。

第9条 (総会付議事項)

下記事項については総会に付議しなければならない。
1 会長、副会長および会計監査の承認
2 予算・決算および事業計画の審議と承認
3 本規約の改正
4 その他必要な事項や議案の審議と承認

第10条 (総会の運営)

総会の運営は下記の通りとする。
1 総会は会員の2分の1以上(委任状を含む)の出席により成立する。
2 議決権は一世帯につき一票とする。
3 決議は出席世帯の過半数の同意を必要とする。
4 議長は会長とする。

第11条 (役員会)

この会は役員会、執行部会および各委員会を置き、その構成と任務は下記の通りとする。
1 役員会は全役員をもって構成し、この会の運営について協議し、事業の推進を図る。また、会計監査終了後に開催される役員会において会計監査の報告を実施する。
2 執行部会は、会長、副会長、幹事、書記(以下、執行部員という)で構成し、必要に応じて会長が召集し、総会および役員会の議事に関わる事項、この会の運営に関わる事項、その他必要な事項を審議する。会長は、必要に応じて執行部員以外の役員を召集することができる。
3 運営委員会は学年役員から原則各学年4名ずつ選出された運営委員により構成し、さらにこの中から委員長、副委員長各1名を選出し、会長がこれを委嘱する。この会の運営上の企画および重要案件について会長の諮問に応じ、これを審議する。任期は一カ年とする。
4 広報委員会は学年役員から原則各学年4名ずつ選出された広報委員により構成し、さらにこの中から委員長、副委員長各1名を選出し、会長がこれを委嘱する。PTA広報紙の発行および本校ホームページを通じた情報発信を行う。任期は一カ年とする。
5 選考委員会は執行部員および運営委員より構成し、次年度の会長、副会長、会計監査、幹事、書記、会計、庶務および学年役員を推薦する。

第12条 (事務局)

この会の事務局には会計および庶務を置く。

第3章 会計
第13条

この会の経費は、会費と寄付金とをもって充てる。

第14条 (会費)

この会の会費は下記の通りとする。
1 会費は、一世帯につき年3,600円とする。
2 生徒の休学、留学、退学などにより、会費を返還する場合は月割りをもって精算する。

第15条 (弔慰)

この会の弔慰に関する規定は、別途定める。

第16条

この会の予算決算は総会の承認を受ける。

第17条

この会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第4章 付則

1 本規約は平成23年5月14日より一部改正し、施行する。
2 本規約は平成27年5月16日より一部改正し、施行する。
3 本規約は平成28年5月14日より一部改正し、施行する。

弔慰規定について、以下の通りとする。

1) 会員死亡の時 10,000円もしくは、それに相当する弔花
2) 生徒死亡の時 10,000円もしくは、それに相当する弔花