滋賀県立膳所高等学校

生物班

紹介

 私たち生物班は現在、3名の班員で活動しています。活動場所は生物室で、基本的に平日は毎日活動をしています。

~活動について~

 私たちは現在、琵琶湖のプランクトンの様相変化を主なテーマとし研究を行っています。研究内容としては定期的なプランクトンの採集・観察やプランクトンの培養実験などがあります。また、校外活動としてイベントに参加したり、生き物を見に行ったりすることもあります。昨年度は、広島県で開催された第40回全国総合文化祭に参加しました。また、昨年秋に開催された第70回滋賀県児童生徒科学研究発表会では滋賀県教育委員会教育長賞を獲得し、これにより今年、宮城県で開催される第41回全国総合文化祭への出場権を獲得しました。この全国大会には新一年生のみなさんも参加することができます!

~研究について~

 研究の面白さとしては研究の目的を達成するための方法を考え試してみるその手探り感とそれが成功した時の喜びを味わえることです。ほとんどの班員は高校に入って初めて研究をするのでわからないことがあっても大丈夫です。

 ~これからについて~

 今年も引き続きプランクトンの研究を行っていきます。現在の班員たちも初めはプランクトンについて何も知りませんでしたが、観察を続けていくうちに種類を特定できるようになっていきました。
さらに並行して、新しい研究テーマを進めているところです。
今年も全国総合文化祭という大舞台に向けての準備が忙しくなるため、フレッシュな新入班員の戦力を必要としています。生物班は兼班者も大歓迎です。生物室で過ごした時間はあなたの心の支えとなるでしょう。

成績

平成28年度

滋賀県春季研究発表大会 2位

全国高等学校総合文化祭 自然科学部門 出場

平成28年度滋賀県高等学校総合文化祭 自然科学部門秋季大会 口頭発表の部 県教育長賞(県1位)

近畿高等学校総合文化祭 自然科学部門 出場


 平成27年度

滋賀県秋季研究発表大会 滋賀県科学教育振興委員会会長賞

全国高等学校総合文化祭 自然科学部門 出場


平成26年度


平成25年度

高文祭に参加口頭発表
学生科学賞に論文出展 県内審査佳作
高文祭に参加口頭発表およびポスター発表 県内審査優秀賞