滋賀県立膳所高等学校

音楽班

概要

合唱班

 合唱と聞くと、中学でのクラス別合唱コンクールの経験だけの人が大半だと思いますが、高校生の頃が人生で最も声が美しいときといわれていて、発声練習を繰り返す中で、自分の声が風のように透きとおった声になり、みんなで作るハーモニーの中に融け合う、得難い感動があります。

 私たちと一緒に、温かいハーモニーを校内に響かせてみませんか!

 合唱部は現在2年生1名(男子)、1年生2名(女子)の計3名で活動しています。平日は毎日、放課後5時40分頃まで、演奏会が近づくと土曜日午前中も練習しています。人数は少ないですが、活動は充実していて、各種演奏会やコンテストに出場しています。

 平成28年度は、5月全国総文祭合唱部門に関わるオーディションに1年生2名が合格、6月老人ホームに訪問演奏、7月膳所高校文化祭(湖風祭)に出演、8月全国総文祭広島大会合唱部門3名出場、県ヴォーカルアンサンブルコンテストに出場金賞、審査員特別賞受賞、10月県高文祭重唱部門 奨励賞受賞、県高文祭合唱部門出場、11月近畿高文祭兵庫大会合唱部門2名出場、12月クリスマスコンサートなど多岐にわたっています。

軽音班

 向上心を持って互いに切磋琢磨するよろこび、決して1人では経験することのできないバンド演奏の醍醐味、ライブで観客を前にした緊張感と達成感……私たちと一緒に感動を得ましょう!

 軽音楽部は現在2年21名,1年12名の計33名が8つのバンドを作り活動しています。平日の5日間に2つの教室を8バンドで割り振って練習しています。長期休業中は、必要に応じて数日間のバンド練習を行っています。バンド練習時には、なかなか個人では用意できないような大きな機材を使うことができます。

 活動の主体は、校内ライブの開催です。4月、7月、12月、3月の年4回開催し、部員全員が日々の練習の成果を発表します。自分を高めた姿を校内の生徒に直接見てもらえる部活は、ほかにはそうありません。ライブで演奏をしている部員の姿は、いきいきとして輝いています!

 「楽器経験がゼロ。」「演奏が難しそう。」などとためらう必要はありません。部員の大半が高校に入ってから楽器を始め、音楽経験が一切ないところからスタートしています。「バンド演奏をしてみたい!」「人に自分の演奏を聴いてもらう感動を味わいたい!」という人は、ぜひ友達とバンドを組んで軽音楽部に入部して下さい。

成績

平成28年度

合唱班

2016年全国高等学校総合文化祭広島大会 合唱の部 3名出場

 第21回しがヴォーカルアンサンブル 金賞、審査員特別賞を受賞

第36回近畿高等学校総合文化祭 合唱部門 2名出場

滋賀県高等学校総合文化祭 重唱部門 奨励賞 2年 岡本直丈、1年 武久芽唯、溝尾萌華
滋賀県高等学校総合文化祭 合唱部門 出場


平成27年度

合唱班

第39回全国高等学校総合文化祭合唱部門 出場

 滋賀県高等学校総合文化祭合唱部門 出場


平成25年度

合唱班

第34回滋賀県高等学校総合文化祭合唱部門(重唱の部)
第1位 1年都賀千鶴 吉永汐里 吉野悠紀美
第2位  2年林萌花 恒松愛奏 森理紗子 福留千映

第34回滋賀県高等学校総合文化祭合唱部門
滋賀県芸術文化祭奨励賞受賞

 第33回近畿高等学校総合文化祭合唱部門
滋賀県合同合唱団として出場

 第7回声楽アンサンブルコンテスト全国大会2014出場