滋賀県立膳所高等学校

演劇部

概要

膳所高校演劇班は、校門横のセミナーハウス(遵桜館)の1階、研修室で活動しています。
活動日は毎週火曜日を除く平日と、土日のどちらか。大会が近付けばほぼ毎日活動があります。
主な活動は発声練習や体力トレーニング、演技力の向上を目指しての即興劇づくり、大会にむけての立稽古や通し稽古などがあります。

発表の場は、6月にある六月祭公演、7月の湖風祭公演、11月の高文祭公演そして3月の自主公演が主なものです。特に高文祭公演は近畿、全国へとつながる大会で、観ていただいた方々の心を動かす最高の舞台を創ることを目指しています。また自主公演では、会場設営から予約受付、広報、当日運営などを含め、すべてを班員の手で行います。大変なことはたくさんありますが、達成した時の喜びは何物にも代えがたいものです。
 演劇の魅力は、みんなでひとつの舞台をつくること。演技はもちろん、舞台装置や衣裳の製作や照明音響の操作、台本の創作などを班員それぞれが分担します。様々なことができるのも、魅力のひとつです。

何度も部員0という事態を乗り越えてきた演劇班。今年になって部員が20人以上になり、今まで挑戦することのできなかった大きな舞台も作れるようになりました。学年も男女も関係なく楽しい雰囲気のなか、競い合い、支えあいながら、日々前に進もうとしています。

成績

平成28年度


平成27年度

平成27年度滋賀県高校演劇湖西ブロック(大津地区)大会出場「それいけ!地球防衛軍」
湖風祭公演
第36回滋賀県高等学校総合文化祭演劇部門 優秀賞
「探しものはなんですか」
第49回滋賀県高等学校演劇研修合同発表会 優秀賞   同上
自主公演 「3月公演サラダ行進曲」 (本校セミナーハウスにて)


平成26年度

新入生歓迎公演
平成26年度滋賀県高校演劇湖西ブロック(大津地区)大会
出場「銀ぎつねと白い日々」
湖風祭公演
第35回滋賀県高等学校総合文化祭
演劇部門優秀賞 「紫羅欄花がひらくとき」
第48回滋賀県高等学校演劇研修合同発表会
優秀賞  同上
自主公演(本校セミナーハウスにて)