滋賀県立膳所高等学校

ボート班

紹介

ボート班は学校設立時に創部され、今年で創部118年を迎える伝統と実績のある班です。現在男子29名、女子31名(うちマネージャー4名)で活動しています。高校から始める人がほとんどのため、初心者でも努力次第で全国の舞台で戦っていくことが可能です。パワーや体力に自信がない人は艇の司令塔である舵手として活躍できます。ボートは日本ではあまりよく知られていない競技ですが、イギリスをはじめとする欧米では人気があります。水面を滑っているような爽快感があり、この感覚はほかのスポーツにはありません。
レースでは1000mまたは2000mの直線コースでスピードを競います。接戦になると、1位と2位との差が1秒以内ということもあります。1つの小さなミスが命取りとなり勝敗を分けるのです。私たちは普段からレースを想定し、琵琶湖、瀬田川という恵まれた環境のもと、全員が常に「今の自分には何が必要なのか」を考え、日々厳しくも充実した練習を行っています。厳しい練習をした分、レースで勝利した時の喜びや達成感は格別です。昨年度はインターハイや全国選抜大会にも出場し、全国トップクラスの高校と接することで様々な刺激を受けてきました。今年も全国の場で戦えるよう、さらに努力を重ねていきたいと思います。

戦績

平成28年度

国民体育大会ボート競技

女子 舵手付きクォドルプル (滋賀選抜:早川・澤井・高見・金綱)8位
女子 ダブルスカル         (滋賀選抜:大城)         3位

秋季総体

男子 舵手付きクォドルプル      A1位、B5位、C6位、D敗復4位
女子 舵手付きクォドルプル       A:1位、B5位、C6位、D敗復3位
男子 ダブルスカル                       A2位、B5位
女子 ダブルスカル                       A2位、B6位
男子 シングルスカル                   A:3位A(服部)2位、B(布留)5位、C(佐敷)予選5位、D(ポター)予選4位
男子 シングルスカル                   北川2位

全国高等学校総合体育大会

男子 舵手付きクォドルプル 準決勝進出
女子 舵手付きクォドルプル 準々決勝進出

滋賀県ジュニアボート選手権大会

(男子)
舵手付クォドルプル    A:3位、
B:2位、C:7位、D:12位
ダブルスカル    A:1位、B:8位
シングルスカル    西村:2位、服部:3位、田中30位、土倉31位
(女子)
舵手付クォドルプル A:1位、B:4位、D:8位、C:9位
ダブルスカル    A:3位、B:8位
シングルスカル    桑原4位

県民体育大会

(男子)
舵手付きクォドルプル 3位
シングルスカル                    服部:5位、西村:7位、布留:予選6位、里見:準決勝5位、濱川:予選5位、真田:予選6位、向久保:予選5位
(女子)
舵手付きクォドルプル     3位
ダブルスカル                     A:3位、B:2位、C:予選4位
シングルスカル                     大城:2位、山際:予選4位

春季総体

男子  総合優勝(5年ぶり 16回目)
女子  総合優勝(12年ぶり 3回目)

※アベック優勝は、膳所高校としては初。県内でのアベック優勝は、過去58年間で38年ぶり2回目となる。

男子 舵手付きクォドルプル       A:1位(インターハイ出場決定 ) / B:3位
女子 舵手付きクォドルプル       A:1位(インターハイ出場決定 )
男子 ダブルスカル                       A:3位
女子 ダブルスカル                       A:2位
男子 シングルスカル                   A:3位


平成27年度

春季総体

男子 舵手付きクォドルプル

A:1位→インターハイへ

全国高等学校総合体育大会

男子 舵手付きクォドルプル 7位

秋季総体

男女総合優勝

男子 舵手付きクォドルプル A:1位→全国選抜近畿予選へ
ダブルスカル A:2位→全国選抜近畿予選へ
女子 舵手付きクォドルプル A:1位→全国選抜近畿予選へ
ダブルスカル A:2位→全国選抜近畿予選へ

全国高等学校選抜ボート大会近畿ブロック予選会

男子女子ともに舵手付きクォドルプル、ダブルスカル
全国選抜大会に出場決定