滋賀県立膳所高等学校

卓球班

紹介

卓球班は平日3回、2、3時間活動しています。土日も午前か午後のどちらかで、基本的に4時間程度活動しています。部員数は現在、男子が22人で、女子が5人の合計27人です。
男子は春季総体で勝ち取った4シードを県民体育大会で失ってしまい、とても苦い思いをしました。女子は8シードを死守するも、惜しくも強豪校の壁に阻まれています。男子は先輩方から受け継いだ4シードを取り返し、男女ともにインターハイ出場を実現しようと、部員全員が顧問の先生方などの指導のもと日々練習に励んでいます。
膳所高校は文武両道がモットーなので他の強豪校のように長時間練習することができません。練習時間が明らかに強豪校に劣って短い分、密度の濃い練習をする必要があります。そのため、膳所高校が伝統的に行っている「課題練習」を中心に練習しています。課題練習では、自分に必要な技術、もっと伸ばしたい技術などを自分で考えて自由に練習しています。課題練習では練習内容を強制されることがないため、その分、いかに練習に真剣に取り組むかどうかが、成長に大きく影響します。他にも、卓球においてとても重要なサーブ練習に加え、それぞれの技術を反復して行い、感覚をつかむのに効果的な多球練習、また、部員同士で練習試合など、短い時間でもとても充実した練習をこなしています。

成績

平成28年度

秋季総体

男子 団体戦 2回戦  1-3米原

女子 団体戦
 1回戦  3-0高島
 2回戦  1-3水口東

近畿大会出場

春季総体

男子 団体戦 ベスト4  近畿大会出場
ダブルス男子 中川夏甫・山田拓史組 ベスト16/久徳諒祐・冨岡伸伍組 ベスト32(近畿選考通過)

女子 団体戦 1回戦  2-3草津東
シングルス女子 井上 結ベスト16(近畿選考通過)


平成27年度

全国選抜大会予選 

久徳 諒祐 第3位

秋季総体

ダブルス男子 久徳・冨岡組 ベスト4 近畿新人大会出場
女子 団体戦 ベスト8 近畿新人大会出場

県民体育大会

女子 団体戦 ベスト8

近畿大会出場

春季総体

男子 団体戦 ベスト4  近畿大会出場
女子 団体戦 ベスト8  近畿大会出場
ダブルス男子 川村・福島組 、岩城・麻野組 ベスト16
ダブルス女子 加治・飯田組 ベスト8


平成25年度

春季総体

男子団体戦                   ベスト4 近畿大会出場
ダブルス男子  野﨑・伊藤組 近畿大会出場
女子団体戦       ベスト8 近畿大会出場

県民体育大会

男子団体戦    ベスト8
シングルス男子  尾中 郁也 ベスト16
女子団体戦    ベスト4

ダブルス卓球大会

男子
尾中・中山組
福島・浜崎組ベスト8
女子
中村・水野組 ベスト8

秋季総体

男子団体戦
ベスト8 近畿新人大会出場
シングルス
尾中郁也 冨岡昌平 ベスト16
ダブルス
尾中・中山組ベスト8 近畿新人大会出場
福島・浜崎組ベスト16
女子団体戦
ベスト4 近畿新人大会出場
ダブルス
中村・水野組 準優勝 近畿新人大会 出場


平成24年度

秋季総体

男子団体
ベスト8 近畿新人大会出場
シングルス
伊藤 悠 尾中 郁也 ベスト16
女子団体
秋季総体ベスト16

春季総体

男子
神田洋佑ベスト8