滋賀県立膳所高等学校

2010年09月30日

[第三学年]PTA研修会

第三学年PTA研修会(9月18日)

100918_pta02第三学年研修会は、進路決定に関して親子の対話が求められるこの時期に合わせたテーマで開催されました。

ピアザホールにてPTA会員161名の参加を得て、有意義な時間を持つことができました。岩崎会長、河原校長先生のご挨拶の後、学年主任の加藤先生 より入試までの日程と心構えについてのお話を頂きました。「現役生の学力が最も伸びる時期はセンター試験終了後、その時に加速度的に学力を伸ばすために、 今は基礎・基本の徹底が大切である。」「家庭での支援のための点検は、疲れ切っていないか、生活が不規則になっていないか、高い理想を持ち続けているかで す。」とのお話に、「親子とも本当の頑張りはここから…」と肝に銘じた保護者の方も多かったのではないでしょうか。
100918_pta01その後、「思春期の子供たちと心身症―心療内科医の立場から-」と題して、関西医科大学付属枚方病院総合診療科の西山順滋先生よりご講演をいただきまし た。思春期の子供の心身症の原因としてストレス、不規則な生活、過度の不安・緊張があげられ、そうした要因が自律神経系の乱れをひきおこし、結果、頭痛、 食欲不振、息が詰まる、肩こり等の症状となって表れる。ス トレッサー(刺激)がたまる様子を浴槽に例えて、やがて水があふれる状態をストレスという。あふれさせないために、①水を止める(休養)、②水を抜く(発 散)、そして③浴槽を大きくする(人生経験を積む)の3つの解決法がある。心身症に対処するには、①いつもと(今までと)違うことに気づく、②生活のリズ ムをくずさない(不規則な食事、寝不足、運動不足をさける)、③家族、友人、先生に相談するといったことがあげられる。等々受験生をもつ親として大変参考 になるご講演でした。
100918_pta03なお、勉強や仕事の合間に1時間に一度、手を高く挙げる体操をすると効果的とのことです。皆さんもお試しください。