滋賀県立膳所高等学校

2010年09月07日

第60回全国高等学校PTA 東京大会報告

第60回全国高等学校PTA連合会大会東京大会(8月20、21日)

第60回全国高等学校PTA連合会大会東京大会が、8月20、21日の両日、東京都において11、000人を超える参加者を迎えて、盛大に開催されました。
膳所高等学校PTAからは、河原校長先生を始め、森先生、PTA三役、書記の総勢8名で参加させて頂きました。
100820_pta01今 回の東京大会は「人間力を育てて作ろう 大きな輪」をメインテーマとし、またサブテーマとして「家庭・学校・地域・社会 心と心をつなげよう」を掲げて、 開催されました。武道館において行われました開会式は圧巻で、こんなにも多くの先生や保護者の方々が、高校生の成長を応援し、見守っているのだと思うと、 その一員として参加させていただいたことを大変嬉しく思いました。
またこの席で、岩﨑会長が前滋賀県高等学校PTA連合会会長としての活躍を表彰されました。
その後の、基調講演では 張 富士夫様(トヨタ自動車株式会社 取締役会長)のお話を拝聴しました。御自分の会社員としての多くの経験を話され、それを踏まえ、「今の新社会人の長 所・短所、企業が求める有為な人材」というテーマで話をされました。米国等の「選ぶ文化」に比べると日本は「育てる文化」であり、「会社で先輩方から教え られた多くの事柄への恩返しは、後輩を育てることだ」と先輩に教えられた。「幸せとは個人だけの幸せではなく、社会として幸せでなければならない」とおっ しゃっていました。また、「人間関係の築き方や感謝の気持ちを持つこと等を、家庭や学校において教育・訓練することが必要である」、「実際に経験を積み実 践すること、まず行動に移すことが大切」で、「『勉強+α』がベースとして必要である」等、多くの言葉が心に残りました。
第4分科会の開会式においては、小川副会長が 全国高等学校PTA連合会理事として、挨拶を致しました。身近なエピソードを交えた楽しい話で、会場が大いに沸きました。100820_pta02
また今大会で、高校生によるアトラクションもたくさん見せていただくことができました。和太鼓や吹奏楽、合唱、ダンス、どれをとっても多くの練習時間を掛けてこられたことが一目でわかる作品ばかりで、感動しました。
多くの分科会が同時間帯に開催されていたため、拝聴できなかった講演、ディスカッションが多数あったことが、大変心残りに思われました。
この様な、有意義な二日間を過ごさせて頂いたことを大変感謝しております。