滋賀県立膳所高等学校

2009年12月22日

班訪問記

班訪問

男女バレーボール班

volley01

平成21年の師走に、体育館を訪れ練習の様子を取材させていただきました。

男子バレー班volley02
主将を中心に攻撃的なバレーを目指す。取材時点で1年生8名、2年生5名、マネジャー2名が在籍。秋の県大会ではなんと、ベスト8に進出。大津市の大会では1,2位を常に争う。ライバルは比叡山高校、高島高校。

女子バレー班
主将を中心に、守りのバレーを目指す。平均身長が低いのでひろいまくるバレーで敵のミスを誘う作戦。取材時点で1年生6名、2年生6名が在籍。春の県大会の目標はベスト8。ライバルは大津高校。

取材の感想

男子バレー班の場合、1年生は経験者が少なく、厳しい戦いが続きますが、逆に言うと、のびしろが多く今後の急成長が楽しみな班です。女子バ レー班は、記者もびっくりするくらい声が出ていました。きくと、声の大きさだけは他の高校に負けないよう気合を入れているとか。
どちらのチームも自主的にのびのびとチームワークよく能率よく練習しており、さすが膳所高校生、っといった感じでした。これからも文武両道を目指し日々の練習に励んでください。

家庭班

katei

『校内での異空間!?』
日本の伝統文化である茶道と華道に触れる家庭班のメンバーは、『堅苦しい』といったイメージは全くなく、ゆったりとした雰囲気の中で楽しみながら自己を見つめる、そんな有意義な “癒しの時間”を過ごしていました。katei02
安らぎながら少しずつ作法を身につけていく、そんな姿をとてもいいなぁ・・と感じながら、お茶をいただいたり、クリスマスのフラワーアレンジメントを見せていただいたりで訪問した私達もとても”ほっこり“することができました。
湖風祭でのお茶席と華展は、改めて是非覗いてみたいと思いました。

文芸班

bungei01

期末テスト明けの12/2、セミナーハウスで活動中の文芸班を訪ねました。
3年生10名が抜けたあと、現在班員は1,2年生をあわせて8名。主な活動は、年に10回程度の『B5版』の発行で、小説や詩など各自の作品を持ち寄り、1週間ほどかけて完成させるそうです。1冊あたりのボリュームも相当なもので、それぞれが自由に自分の世界を描いていて読み応えがあります。この冊子は職員室前においてあり、だれでも自由に持ち帰ることができます。bungei02
ちなみに班員に読書量を尋ねてみると、さすが文芸班、1ヶ月に30冊とか、過去には100冊読んだことがあるとか、並外れた読書家ぶりがうかがえました。
自己表現の場を求めて集まり互いに刺激をうける班員たち、自由でのびのびとしたとても居心地のよさそうな空間、高校生っていいなあとうらやましく思いながら帰途につきました。