滋賀県立膳所高等学校

2019年09月18日

[PTA]3年PTA進路研修会

 6月29日(土)、ピアザ淡海にて第3学年保護者進路学習会が開催され、292名の参加がありました。

中村PTA会長と小島校長のご挨拶の後、学年主任の野泉先生より、自習室利用や担任以外の教員活用の利点を挙げられ、学校と保護者が一致団結して生徒を支える環境作りについてお話がありました。

 進路指導課の牧先生からは、進路の手引きから進路指導と生徒の現状をご説明いただきました。「勉強の成果が出るのは受験直前。子どもたちの成長を信じてほしい」とのアドバイスに、待つことの大切さを痛感しました。

 4月から文系、理系、医学部に進学した卒業生3名の受験体験談では、「班活動や湖風祭を全力でやりきったことで受験へ切り替えられた。家庭内では不安をあおらず見守っていてほしい」と各々が晴れやかな表情で語っていました。

 最後に、学校法人河合塾の角野氏より大学入試の現状と家庭の役割について、予習復習の方法などと合わせてご講演いただきました。模擬試験の結果に一喜一憂せず、親も子も自信をもって志望を貫くことの重要さを伝えられていました。これから迎える受験を乗り越えるため、家庭でのあり方を再認識した一日となりました。