滋賀県立膳所高等学校

2016年10月17日

[PTA]班活動にお邪魔します⑥

野球班

2016_yakyu_01 野球班は、3年生13人の引退後、現在1年生18人、2年生12人の計30人で活動を行っています。活動は第2グラウンドで行い、月曜日から金曜日は練習、土日は他校との練習試合を行っています。4月の春季近畿地区高校野球滋賀県大会では5年ぶりにベスト8進出を成し遂げました。野球班のモットーは「文武連動」、「学生として勉強と野球を両立させることはもちろんですが、それだけにどどまらずそれぞれで得た知識や技能、経験を活かして人間的に大きく成長していこう。」ということです。

日々、甲子園大会出場を目指して熱い練習に励んでいます。
取材の日はちょうど夏の全国高等学校野球選手権滋賀大会を翌週に控えて、壮行会が行われていました。練習試合終了後、甲子園大会出場へ祈りを込めて折った千羽鶴を野球班保護者会長からキャプテンに手渡し、激励の言葉を贈りました。
2016_yakyu_02 キャプテンへのインタビュ-の中で「監督には家族との時間を削って指導していただいているので、頑張って是非、監督を甲子園に連れて行ってあげたい」という言葉が印象的でした。
残念ながら夏の大会は2回戦で2-3と伊吹高校に惜敗してしまいましたが、その後新チ-ムが結成され、高知遠征をはじめとする他校との練習試合で着々と力をつけていっているところです。
普段の厳しい練習は勿論のこと、班員達はお互いの弱点などを指摘し合いながら、より結束の固いチ-ムを作り上げるため、常にミーティングを欠かさず、熱を帯びた議論を重ねているとのことでした。
9月17日には、新チ-ムでの初の公式戦、秋季近畿地区高校野球滋賀県大会が開幕し、1回戦で守山高校と対戦しましたが、延長10回の末、2-3と惜敗しました。2016_yakyu_04
この悔しさをバネに今後、冬の激しい練習に臨み、春にはひと回り大きく成長した姿を見せてくれることでしょう。