滋賀県立膳所高等学校

2015年10月10日

[PTA]PTA全国大会参加報告

第65回全国高等学校PTA連合会大会岩手大会

岩手県盛岡市で開催されました第65回全国高等学校PTA連合会大会岩手大会に、執行部6名、教職員3名で、平成27年8月20日(木)、21日(金)の二日間参加しました。

20150820_zenkoku03岩手県の偉人の一人、宮沢賢治の詩に基づいたメインテーマ「未来圏からの風をつかめ!」のもと、盛大に大会が執り行われました。

20日にメイン会場岩手産業文化センター(アピオ)で行われた基調講演は、芝浦工業大学学長の村上雅人氏によるもので「夢高くして足地にありThe sky is the limit」というテーマでした。自らのアメリカ留学経験話も交え、「これからの日本に必要なのは、若人が先人たちの築いてきた「ものづくり」の伝統を継承し、さらに発展させていくことである。だからこそ、教育は崇高であり、同時に知の探求が重要である。そこに無限の可能性があるということ。」を話して頂きました。学生に何を教えたかではなく、学生が何を学んだかが大事という話が印象深かったです。

20150820_zenkoku07同日、午後から数多くの分科会が行われましたが、我々膳所高PTAの一団は、ホテルメトロポリタン盛岡ニューウイングで行われた特別第1分科会に参加しました。テーマは「情報化社会と教育~スマートフォン・ネット依存と若者の生活スタイル~」で、パネリストによる講演とパネルディスカッションでした。パネリストは弘前大学教育学部前教授の大谷良光氏を筆頭に、教育センター主任研修指導主事や、高校のPTA副会長や、高校教諭、現役大学生や、現役高校生で構成されていました。専門的な話だけではなく、親サイド、教諭サイド、学生サイドから、生のリアルな意見を色々と聞けて、大変興味深く為になりました。

20150820_zenkoku1021日にメイン会場岩手産業文化センター(アピオ)で行われた記念講演は、「龍馬伝」や「るろうに剣心」などで知られている映画監督の大友啓史氏によるもので「アドリブを生きる力」というテーマでした。私たちはサブ会場である盛岡市アイスアリーナでモニターを通してリアルタイムで拝聴しました。今まで生み出された作品の画像を映し出しながら、テーマに基づくお話をされました。制作過程において、思いがけない出来事はつきもので、それに悩まされがちであるけど、それをどう咀嚼し転じていくかが大事で、そこから本来以上の魅力あふれる作品にしていく可能性があり、それをうまく対処していく力が「アドリブを生きる力」であるとお話しされました。色々な撮影の裏話も聞かせて頂き、大変有意義なひとときでした。

担当:中田

20150820_zenkoku12