滋賀県立膳所高等学校

2014年12月22日

膳所高生のための2014西村静香ピアノリサイタルを開催

ポスターjP

西村さんにお願いしている膳所高校生のためのコンサートも今回で5回目になり、昨年からはフィガロホールをお借りして実施しています。

今回のプログラムは、

リスト「エフゲニー・オネーギン」からのポロネーズ
ドビュッシー
前奏曲集第1巻より アナカプリの丘 / とだえたセレナーデ
第2巻より オンディーヌ / 花火
プーランク 3つの小品
チャイコフスキー 主題と変奏op.19-6

というバラエティーに富む魅力的なものでした。

演奏のあと生徒が「西村さんの好きな作曲家は誰ですか?」と質問していましたが、考える様子もなく「チャイコフスキーです」と答えられていました。

西村さんは卒業論文もチャイコフスキー、卒業演奏もチャイコフスキーだったと聞いています。

チャイコフスキーの音楽は、特に交響曲などでは感情表現がやや誇張されすぎた、派手な演奏が多いように思いますが、西村さんの演奏はそのようなものではなかったと感じました。

ドビュッシーやプーランクをプログラムに入れて、ドビュッシーやプーランクの曲と同じように、とても色彩感の豊かな、チャイコフスキーの繊細な面を聴かせることを意図した質の高い演奏だったと思いました。

一音一音に説得力があり、曲のすばらしさと演奏のすばらしさとを両方とも感じられた幸福な時間でした。

聴きに来てくれた生徒の皆さんもきっと満足してくれたことでしょう。西村さん、本当にありがとうございました。

image_05 image_03
image_04 image_02
image_01